魔女の庭のマーレ

心を軽くするブログ

大人だけど。大人だから。

f:id:umico-mare:20160801004248j:plain

はい、こんばんは。

はい、こんばんは。

ぶっちゃけますが書けなくなってました。

恐ろしいほどに長く感じられたトンネルの終わりが見えてきた気がするので、何事もなかったかのようにパソコンに向かっております。(たぶん、あの人やあの人やあの人にも心配をかけてしまっているんだろうな~ごめんね)

なんでトンネルから抜け出せそうな気がしたのか。

きっかけと言って思いつくのはアレしかないです。

本当に些細なこと。

 

 

私ね今、歯科治療に通っているのですが。

最新の設備で整えられた大きくて新しい病院でも、ネットの検索で常に上位に挙がってくるバリバリ宣伝されてる病院でもない、こじんまりした町の歯医者さんって感じのところなんですよね。

何年も前に書かれた、口コミ記事を読んで、行ってみようかなあって気になったの。

今ではどんなことが書いてあったのかも思い出せないほどありふれた口コミだったのにね、なぜだか気になって。

で、どうだったかと言うと、相性もあるんだろうけど、私にとっては大当たり。

やはり41年間研ぎ澄ましてきた野生の勘は伊達ではなかったわ。

 

 

昨日も治療に行ってきたのですけど。

いつもならそれほど痛みを感じないタイプなのですが、その日に限って疲れが溜まっていたのか、なぜか処置が痛くて。

「ぐぬぅ」って感じで、思わず変な声が出るくらい。

 そしたらその時ね、先生がまるで小さな子供にするみたいにほっぺたに指を添えて、『よしよし、よく頑張った。もう大丈夫。終わったよ。』って優しくまあるく撫でてくれたんですね。

 

 

 

染みました。

泣きました。

痛みのおかげで涙が出ててもそれほど怪しまれなかったので概ね良し。

不思議と本当に痛みも和らいだ。

しんどい気持ちもすごく楽になった。

もう終わったよって、先生は治療とか痛みのことを言ったんだろうけど、その時の私の心の弱ってる部分にすごい効いた。

そしてやっぱり、手からは思いやりとか労りみたいな本当の気持ちが伝わるんだなあって思った。

 

 

というわけで、一見健康な大人にもスキンシップと優しい言葉が必要だってことに改めて気づいたキャリア20年超のポンコツナースでした。

だからつらい時は言ってくださいね。

私がヨシヨシしてあげましょう。(いらないとか言わない)

 

 

 

あ、患者が急増すると 私が 困るのでどこの何ていう先生かは書きません。

代わりにヒントと言っては何ですが、写真は件の歯科の玄関先で咲いてたオキザリスです。

可愛い花でしょ。