ナースが植物と暮らしたら

植物たちに囲まれて魔女のように生きる人の日常

内省の時間です

f:id:umico-mare:20151104091730j:plain

恥の多い生涯を送って来ました。

と、綴ったのは太宰治でしたっけ。

『存在の9割をさらけ出す人』

それがある友人から見た私の印象です。

9割ってけっこうな割合やないかーーーい!

でも妙に納得。

 

 

私は、私が直面してきた『恥』ともいうべき困難な出来事のうちのほとんどを他人にさらけ出してきました。

それはね、愚痴でも不幸自慢でも何でもないんですよね。

記憶が生々しいうちはさすがに難しいのですが、その出来事が自分にとってどんな意味があるのかって答えがなかなか見つからないとき。

他人にただその出来事が起こった時の自分の気持ちや、背景を語ることで心に灯りがともる気がしていたんです。

気づかなかったことに気づく…というか、次のステージに行くための扉を開く鍵が足元に落ちていることに気づくことがあるんです。

 

 

精神科で働いているとよく耳にするプロセスレコードのようなものなのかな。

自分の心の動きがあって、相手の心の動きがあって、人間関係=人生は構成されていくんですね。

それに気づくための内省の時間なのかもしれません。

 

 

あ、でもちゃんと語る相手は選びますよ。

私の心の問題を解決しようとしない人。

解決できると思っていない人。

そして間違っても、私に起こった出来事と、自分に起こった出来事の深刻さを競おうとしない人…ですね。

ただ、聴くだけ。

そういうことができる人って、案外少ないんです。

私も、誰かにとっての『そういう人』になりたいなと思います。

 

 

だからこれからも、私は私について語ります。

信頼のおける友人だったり、このブログだったり。

もしご不快な気持ちになった時は、ページを閉じてくださいね。

これは私のための語りですから。

あなたのための言葉ではありませんから。

そして何も求めません。

いつかあなたがしてくれたように、ただ聴いて言葉を受け止める人間になるためのプロセスだったのだと、今語ってて気づいたので。