読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースが植物と暮らしたら

植物たちに囲まれて魔女のように生きる人の日常

ブログの神様

こんばんは。
扁桃腺炎と庭の片づけによる軽い熱中症とのダブルパンチで点滴を受ける羽目になりました。

どうも、こう見えて虚弱・ミヤタケです。(回復済み)

 

f:id:umico-mare:20160617055007j:plain

↑↑↑ これが

f:id:umico-mare:20160617055124j:plain

↑↑↑ こうなって(あ、撤去前の写真撮るの忘れてた…実際はこの1.5倍くらいです。)

f:id:umico-mare:20160617055211j:plain

↑↑↑ こうなりました。

 

死ぬかと思ったよ♡

 

 

私の周りでは最近ちらほら、ブログを再開したり書き始める人が増えていますね。
あの人はこんなことを考えているんだなあ~と楽しく読んでます。
で、他人のいいブログを読むと、ついつい影響を受けそうになるんですけど。
これだけはぶれないようにしようってことがふたつあります。

 

一つ目。
役立つことを書かない、いや書こうとしない。

 

これはね、私にとって一番大事かもしんない。
だってね、役立つことなんてみんなが書いてくれるし。
ここでは役に立たないことが価値のあることだと思ってるから。
それが私にしか書けない世界だと思ってるから。

 

それに私が書きたいのは、常にどーでもいい超個人的なことばかりなので、『誰かのお役に立つかも…』なんて思うはずもなく。

 

でもいいんです。
このブログを読む人は、そのどーでもよさがたまらないはずなんで。

わはは! こいつのブログマジどーでもいいな~
そんな風に読んでもらうことがむしろ本望だったりします。

 

二つ目。
書くのが苦しいときは書かない。

 

どうでもよさが身上なので、苦しんで書くのは何か違うんだな。
だから言葉が止められない時だけ書こうと思っています。
時々、これが書きたいのに書けない! ってことがあるんだけど、もうその時も諦めちゃう。
今書くべきことなら、きっとブログの神様が降りてくるはずなので、書けない時は『その時』じゃないんだろうな。

 

いるのかな、ブログの神様。
いればいいな。

 

それでは眠くなってまいりました。
暗い暗い海の底に向かって泳いでいく小さな青い魚を思い浮かべながら寝ます。

 

あー明日日勤だ。
マジだりー…(魚はどうした)