ナースが植物と暮らしたら

植物たちに囲まれて魔女のように生きる人の日常

優しくなくていい

f:id:umico-mare:20160519224733j:plain

今日は自宅でずっと本を読んでました。
『羊と鋼の森』よかったです。
大げさな設定とかなくて、主人公にくせがなくて、静かな小説で、今の私に合ってた。

 

こんばんは。
季節外れの風邪に鼻とのどをやられております。
体調が悪いと、途端に機嫌も悪くなりますよね。
あれ? ならない?

 

体調悪くてもにっこり笑える人とか、どんだけ優しいんでしょうか。
私なんて手負いの野生動物並みですよ。(注:看護師さん)

 

さて、精神科で働いているとですね、今までの常識とかがなんも役に立たないはずれ馬券になったような気がするんですよね。(競馬やったことないけど)
これは役に立つぞ~ってお金と時間をかけて手に入れた知識やキャリアが、もう本当に役に立たない。
もうそのフィールドはキャラクター勝負です。
キャラが濃い者が場を制します。

 

だから、精神科と分かって就職しても、合う人は合うし、合わない人はかなりの速さで消えていきます。
3日で来なくなる人とかザラだって。(最短記録は半日だそうです)
だからかなり早い段階で職場になじんで、毎日楽しく仕事をしている私は、結構精神科に向いてるんじゃないかと。
もしくは患者寄りの人間、いやもうすでにただのナースコスプレをしている患者なんじゃないかなって、思うわけです。

 

すいません、何が言いたいのかわからなくなってきました。

 

ただ一つ言えることは、いつもニコニコ優しい人を演じなくてもいいってこと。
もちろんナチュラルボーン優しい人もいるけど、いろんな人がいてもいい。
そのままの私を全開でいくのはまだ怖いけど。
案外すんなり受け入れてもらえるのかもしれないなって思います。