ナースが植物と暮らしたら

植物たちに囲まれて魔女のように生きる人の日常

自粛を自粛せよ

f:id:umico-mare:20160401012542j:plain

あああ。
ここ数日間きつかった。
感情の揺れがきつかった。

 

普段、テレビを見ないようにしてからもう一年は経ったでしょうか。
現在私がテレビから得る情報ってのは、患者さんの食事介助中に流れてくるわずかな時間のものだけです。
テレビで流してるニュースってね、基本悲観的なのね。(主観です)
誰々がこんな亡くなり方をした(たいてい悲惨)とか。
こんな大変な事件や災害が起こった、とか。
見たり聞いたりするだけで疑似体験しちゃって、精神がひどく消耗する。

 

そういう情報をたくさん取り込んだ後に生まれるのが、一種の罪悪感っていうか、正義感っていうか。
こんなにつらい思いをしてる人がいるのに、自分こんなに幸せですみません的な思いとか。
この人がこんなことするとは思わなかった、裏切られた!とか。
人間ならば、そういう罪悪感を含めたさまざまな感情が生まれるのは当たり前の話ではあるのですが、それが行き過ぎてしまうといつしか他人が標的になるのね。
で、もっともらしくもない自分の価値観を振りかざして他人を攻撃してくる。

 

ちょっとまってくださいよ?

 

誰かにとって人生でいちばん忌まわしい日は、他の誰かにとっては人生でいちばん輝かしい日である可能性もあるわけで。
言葉や態度に表していないからといって、悼む気持ちがないと判断してしまうのは短絡的すぎやしませんか?って思うわけで。
そういう想像力のない、『自称・優しい人』がなんでもかんでも自粛自粛と人の幸せを奪っているような気がするんだな。

 

たとえばね、今回の地震でかなりの被害が出ていますよね。
幸い自分の周りには亡くなったり家を失ったりした人はいない。
だけど本当に気の毒に思うし、何かの力になりたい。
だけどだけどボランティアや多額の資金援助できるような自分じゃない。
じゃあこんな時、自分に何ができるのかを考えてみる…。
嘆き悲しんで同情してほかの幸せな人たちを『配慮がない』って批判することが最良の方法だと思いますか?ってこと。

 

違うでしょう。
泣いて笑って。
しっかりと毎日を生きて。
日々の健康と平穏に感謝して。
ちゃんとお金を使って経済を回す。
それこそが大切なんじゃないでしょうか。
(もちろんボランティアや募金が無駄だなんて思っていませんよ)

 

めっちゃ大きくまとめて言っちゃうけど。
自分の人生をよりよく生きることが、この社会への最大の貢献なのじゃないかなって。
そう思う。