ナースが植物と暮らしたら

植物たちに囲まれて魔女のように生きる人の日常

ピンクとの和解は近い

f:id:umico-mare:20160309072739j:plain

いいっすか?
今夜は自分の好きな植物について語っちゃってもいいっすかっ?
(注・飲んでませんよー)

 

私、実は花よりも葉物が好きで。
いえ、花も好きなんですよ?
でもすんごい華やかな花よりはこう…なんてゆーか小花? みたいな。
かわいいけど地味だね? みたいな。

なんでかな~って考えてみたんですけど。
これはもう女子としての育ち方に関係があるのかなって。
というのも、『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』の著者、ジェーン・スーさんのブログを読んで猛烈に腑に落ちたんだな。

ジェーン・スーは日本人です。: Vol.19 ピンクと和解せよ

 

私も昔からピンクを好まない女子…いえ、ピンクに選ばれない女子でした。
自分の場合は母親が判断したわけではなく、自らそう判断していたんですけどね。
そんなこんなで地味なものが好き。

 

いや違う。


地味だけど美しいものが好き!
その奥に隠された美を
もっともっと見つめていたい!!!

 


はあはあ
すいません、つい興奮してしまいました。

 

こんな昔からの刷り込み、今さら解くなんてできない。
もうこうなったら、自分の得意分野でいくしかないじゃないですかー。
自分の長所を伸ばすほうが楽しいじゃないですかー。

 

って思ってたんですけど。
よそ様からのオーダーを受けるってことはそうもいかないことに、たった今気が付きました。
でも大丈夫。
むしろ伸びしろがある。
何とかなります。
だって美しいものを感じる目は備わっているから。
40年間磨いてきたこの目は高性能だぞっ。

 

さっ明日も『植物のある暮らし』を提供していこうっと。