読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースが植物と暮らしたら

植物たちに囲まれて魔女のように生きる人の日常

そういうこともある

今日は閏日ですねー。
4年に一度のこの日くらいは、自分を全肯定してあげようと思いこのブログを書きます。
だから批判コメントとかついても返事しないから(笑)

 

小さい頃の母親の記憶ってどんなものですか?
私にもね、素晴らしい記憶があるんですよ。
愛されていることを全身で感じるようなね。

 

 

その一方で恐怖の記憶もある。

 

 

母はどちらかというと気性が荒い人で、体罰はしつけの一環、怒った時の口癖が『死んでも許さない』って人です。
見知らぬ人に、時には兄に対して
「今の言葉、死んでも許さん!」
「死んでも許さへんからな! 覚えとけー!」
と、声を荒げる姿を見るたびに、あの怒りが私に向けられる恐怖におののいていました。

 

 

ずっと母親の怒りのスイッチを押さないように生きてきたんです。

 

 

高校卒業後~結婚するまでは門限が夜10時で。
それを守れなかった時、車を運転中に母から電話が。
それだけで手が震えて頭が真っ白になり、ブレーキをいつ踏めばいいのかわからなくなった。
パニックですね。
見かねた友達が運転を代わってくれ、事なきを得ました。

 

 

そんなエピソード吐いて捨てるほどある。

 

 

離婚した後は、母の支配から逃れるように県外に出たんですけど。
たまに電話がかかってくるんです。
それも夜中や仕事中に。
出ないと何度も何度も。
出たら出たで、何時間も呪いの言葉を吐き続ける相手に身も心も疲労困憊。
(途中で切っても堂々巡りなので)

 

ついに夢を見ました。
母親を殺す夢でした。
ちゃんと死んだか確認までしてました。
「やっと終わった」ってほっとして泣いた。
目が覚めて夢だとわかってまた泣いた。

 

 

私は母親を捨てることに決めました。

 

 

憎んでいるのかもしれないし、愛しているのかもしれない。
よくわからない。
でも本当は大事にしてあげたいです。

 

 

死に目に立ち会えないとか、そんなことはもういいんです。
人としてどうなの? とか、それすら大きな問題ではない。
人も自分も癒すことは難しいなー。
って、そう思うだけ。