ナースが植物と暮らしたら

植物たちに囲まれて魔女のように生きる人の日常

おもしろきこともなき世を

最初にひとこと言わせてください。
香川県が好きです。
景色も人も、香川を好きだと言ってくださる県内外の人も愛してます。
そんな私が、私だけのフィルターを駆使して香川の魅力を語りたいと思います。

 

ご存知の方もおられるかとは思いますが、香川は芸術の里。

 

瀬戸内国際芸術祭とか。

setouchi-artfest.jp


やまなみ芸術祭とか。

かがわ・山なみ芸術祭2016《公式サイト》

 

こういった大々的な取り組みはもちろんなのですが。
個人一人一人の芸術家気質が強いように思います。
なのでね、変態に優しい 人と違うことにとっても寛容です。
私も植物をはじめ、美しいものを一日中でも見つめていられる変態ですけど。
みなさんとっても親切ですよ~。

 

私の親友が師と仰ぐ藤村正宏さん。
(エクスペリエンスマーケティングの第一人者っていうか代表)
この方がよく使う言葉で、私の大好きなフレーズがあるんです。

 

いいね
いいね
ばかだね~(笑)

 

ハイ、この一言に尽きます。
こういうくだらないことをめっちゃ面白がる気質が香川県の風土に根付いている。(ような気がする)

 

だって県の公式なPRがコレだし。

www.my-kagawa.jp

 

この一年間でいろんな人と会う機会に恵まれてきましたが、みんな個性的。
そりゃあ当たり前ですよね、関わり方が濃いんだもん。
一人として同じ人はいないからね。
それは都会でも田舎でも同じなんだけど、関係性のスタンスが違うんだろうね。
そういう濃い関係をしら~っとした目で見る人もいることはいます。
でも気にしない。
だって楽しいから。

 

まあね、何が言いたかったかというと。
この仁尾の海を見てよ! ってことかな。

f:id:umico-mare:20160211141303j:plain

冬ですよ、冬。
なのにこんなに美しい夕焼け。
この景色を見るだけでも、香川に来る価値はあると思います。

Google マップ