読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースが植物と暮らしたら

植物たちに囲まれて魔女のように生きる人の日常

あなたにアイデンティティがないのは何故か

f:id:umico-mare:20150628095011j:plain

自意識過剰

 

って言葉にマイナスイメージ持っていませんか?
そのイメージ思い切って捨てちゃいましょう。
だってね、生まれた時からつきあってきた心と身体ですよ。
意識しないなんてありえないでしょう。

 

他人の目を気にするのは、本当の自意識じゃない。
10代の頃のいわゆる『自意識過剰』とはわけが違う。
誰もそんなにあなたのことなんて気にしてないから、ねっ?
ってあの頃の自分に伝えてやりたいこの気持ち。
(でもあの頃の万能感は宝物ですけどね)
ほら、不惑にもなると、最低限の清潔感とマナーさえあれば、外見など大した問題ではなくなって来るじゃないですか。
だけど内面はぐっとフォーカスされる。
その視線に耐えられるだけの自分がありますか?

 

メッキなんてそのうちはがれる。
歳をとれば、男女の区別さえ曖昧になって、一見しておじいちゃんなのかおばあちゃんなのかわからないことだってある。(おい)
それよりも、もっと自分の本能と心に耳を傾ければいい。
自分は何が好きで
自分は何が許せなくて
自分は何が恥ずかしくて
自分は何に喜びを見いだすのか。

 

答えはすべて自分の中にある。