読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースが植物と暮らしたら

植物たちに囲まれて魔女のように生きる人の日常

人を傷つけるということ

f:id:umico-mare:20150616200203j:plain

 

人を傷つけたことのない人も
人から傷つけられたことのない人もいないと思います。

 

謝れば許してもらえる

なんて思ってはいけません。人間は基本的に自分勝手な生き物なので、自分が反省して心から謝れば、許してもらえる、そして解りあえると考えてしまいがちですが、それは他人の心を低く見積もり過ぎです。そして自分を許さない人を非難するのはやめよう。

 

反対にあなたも自分を傷つけた人を許さなくてもいい。

もちろん人を許すということは、自らの心を軽くする一番の手段です。
だけどまだその準備もできていないのに、自分の心に嘘をついてまで無理する必要はない。ましてや許したことを相手に伝えなくたっていい。
その罪悪感、墓場まで持って行って頂きましょう。

 

たとえ心の底から憎んで、死ねばいいと呪っていた相手が死の間際に救いを求めて許しを乞うてきたとしても、です。
あなたは神様ではないのだから。

 

やっと終わった…と安堵する自分の醜さだけを許してあげましょう。